レポートを書く準備・段取りをつけよう      レポートの書き方①

今回はレポートを書くために必要な

大まかな手順を紹介します。

【目次】

①課題テーマから仮説・問題点を出そう

②文献・資料を探そう

③調査したデータを整理・まとめよう

④自分の意見を導き出そう

⑤レポートを読み直し修正・手直しをしよう


①課題テーマから仮説・問題点を出そう

教授から出された課題・テーマから

どういう内容の調査レポートを書くか

課題から自分はどういう問題意識を持ったのかを

はっきりさせましょう

まだ調査前の段階ですが

この時、大まかな仮説を立てておくといいかもしれません。


②文献・資料を探そう

大まかなレポートの内容が決まったら

関連文献や統計データなどの

レポートので述べる説の根拠となる資料や参考文献(※1)を集めましょう

資料やデータは主に

図書館やインターネット上のデータベース(※2)、

政府などの公的機関の統計や白書など

使いましょう。

レポートは研究機関である大学に提出する報告書です。

信用度の高い情報を集めるように心がけてください


③調査したデータを整理・まとめよう

集めた資料や統計データの内容を整理・分析しましょう。

調べたデータからどういうことがわかるのか

それによりどういう結論や課題が見えるのか

結論に至るまでの理由が説明できるように

内容を整理しましょう。


④自分の意見を導き出そう

集めた資料をもとに、わかった結果や状況を分析して

自分の意見や調べていて出てきた問題点や

今後さらに改善する必要がある課題などをまとめましょう


⑤レポートを読み直し修正・手直しをしよう

書いたレポートをいったん始めからから読み直して、

誤字脱字はないか、説明部分で上げた文の内容が

ちぐはぐになっていないかよく確認しましょう

読んでいて、誤字脱字や内容に

違和感を感じたらその部分をさらによく読み返し

書き直しましょう。


以上、

レポートに取り組む手順についての紹介でした。

レポートは情報収集や作成に

とても時間と手間がかかる課題です

なるべく早めに取り組み始めることをオススメします。

そうすれば、締め切り直線に慌てなくて済むと思いますよ。

では、楽しい大学生活をお過ください。

(※1)参考文献

論文やレポートを書くとき、構想や骨組みを考えるときに

参考にした文献の事を指します。

(※2)データベース

コンピューターで様々な情報検索に高速に対応できるように

大量のデータを統一的に管理したファイルの事。

または、そのファイルを管理するシステムの事を言います。

【引用・参考文献】

music.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。