レポートの内容文を書こう レポートの書き方③

今回はレポートの文章の書き方を

細かく紹介していきます。

【目次】

序章の書き方

本論の書き方

引用の仕方

結論の書き方

注釈・参考文献の書き方


序章の書き方

序章では、課題として出されたレポートで

何について報告・レポートなのか

はっきりとさせる必要があります。

序章の書き方については、3つの書き方があります。

①設問要約型

テーマに対する自分の考え・解釈を示して書き始める方法です。

出題テーマを大まかに要約して本論につなぎます。

②問題提起型

出題テーマから問題や課題を指摘して、

その調査をすると序章で宣言する書き方です。

③問題設定型

出題テーマに対して問題点を自分で設定し

その問題点に対して説明・論じていくと宣言する書き方です。


本論の書き方

本論ではレポートを書く上で

調査したデータや先行研究資料などを整理し

結論に至るまで論理的に説明できるように筋道立てて

文章を書いていきます

本論ではまず、テーマに関する先行研究を紹介し、

その先行研究をデータや別の論文を上げて批判します。

次に先行研究とその批判を踏まえたうえで

自分はどう考えたのかという「自説」を述べていきましょう


引用の仕方

レポートでは、課題テーマを論じる為に

先行研究などから文章を引用する必要があります。

引用の方法は

原文の記述を「」を付けて表記する”直接引用”と

「」を付けて原文の記述内容を要約して表記する”間接引用”があります。

また、引用部分があまりにも長い場合は、

前後を一行あけて、かつ 本文より2文字下げて

引用部分を書くようにしましょう。

引用部分の最後には必ず番号を付け

レポート最後に乗せる引用・参考文献一覧から

引用元が参照できるようにしておきましょう


結論の書き方

結論はレポートの締めの部分です。

レポート全体の内容を要約し、

再度レポートを書く上で出てきた自分の考え・自説を

結論で強調しレポートの意義を明確にしていきます

また、レポートをまとめるうえで発見した

出題テーマの新しい問題点や今後の研究課題などがあれば

結論で指摘すると、よりいいレポートになるでしょう。


注釈・参考文献の書き方

レポートで引用・参考にした文献・データなどを

レポートの終盤で一覧にして明記していきます。

引用・文献の書き方

(本文などで引用した部分を示す数字) ①著作名 ②書名(論文名雑誌名※1) ③発行所 ④発行年(月) ⑤引用ページ

の順番で書いていきます。

上記の5つを明記することは、

レポートを書く上で必要最低限のマナーになります。

書きもらしのないように資料を集めるときにしっかりメモしておきましょう。

引用先がWEBサイトの場合

(本文などで引用部分を示す数字)①「サイト名(引用ページ名)」②運営先(どこのサイトか) ③アドレス 

④アクセス時の年、日付、アクセスした時間

を参考・引用文献一覧に書きましょう。

※1 雑誌の引用の注意

雑誌の場合は雑誌名、巻数、号数も明記する必要があるので注意してください。


以上 レポートの内容文の書き方について

紹介しました。

レポート作成は大変な作業ですが、

レポートを書くことで身につく

要約やデータを分析する力、物事を説明し伝える力は

後の人生でとても役に立つ技術です。

ぜひとも 学生時代に培っていってください。

【引用・参考文献】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。