越後の鬼人 本庄繁長

越後の鬼神

本庄繁長は戦国時代後期から、江戸時代前期において、越後上杉家に仕えた武将です。

若い頃から『気性剛強で勇猛』と称された人物ですが、一度主君である上杉家から離れ、武田信玄側に就いたことがあります。

しかし、その後 上杉謙信公に赦され、家臣として戻ってきた繁長は 上杉家に忠実に仕え、

上杉謙信の後継、上杉景勝の代では、上杉の家名を守るため、徳川との交渉に挑んだ武将だったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です