参考文献・資料の探し方 レポートの書き方②

今回はレポートに使う文献や資料の探し方を

紹介します。

【目次】

図書館で探そう

論文検索・データベースで探そう

一般的な情報検索を活用しよう


図書館で探そう

図書館で資料を探すときは

図書館にある検索機を使って探すと効率がいいです。

検索機にレポートテーマのキーワードを入れて

検索をかけてみましょう。

今回はレポートを書くために使う本なので

大学教授・研究者の書いた本

参考文献一覧がちゃんと表記された本を探すといいでしょう。

もし、必要な本が図書館になかったら

他の図書館に頼んで資料・本を取り寄せすることができるので

図書館のカウンターにいる人に相談してみましょう。

【図書館での本の探し方】


論文検索・データベースで探そう

インターネットで情報を探すときは

論文検索とデータベースを使いましょう。

論文検索では

国立国会図書館オンライン・サーチ(NDL)

CiNii Articlesなどを使う事をオススメします。

【論文検索の例】

国立国会図書館オンライン

https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/

国立国会図書館サーチ

https://iss.ndl.go.jp/

CiNii Articles 日本の論文をさがす

https://ci.nii.ac.jp/

メディカルオンライン (医学論文検索サービス)

https://www.medicalonline.jp/       

第一法規 法情報総合データベース

https://dtp-cm.d1-law.com/

               などがあります。


データベース各分野別に特化した

様々なデータベースがあります。

レポートテーマに関係する分野の

データベースを使って情報を探しましょう

今回は例として私がよく使うデータベースのリンクを掲載します。

例】

「東京大学史料編纂所」

https://www.hi.u-tokyo.ac.jp/

「怪異・妖怪画像データベース」

https://www.nichibun.ac.jp/YoukaiGazou/index.html

「国立公文書館 アジア歴史資料センター」

https://www.jacar.go.jp/

「統計史料統合データベース」

https://j-dac.jp/infolib/meta_pub/G0000010STATDB1


一般的な情報検索を活用しよう

論文検索やデータベース以外にも

政府機関や国際機関のホームページ

統計資料を活用するのもいいでしょう。

他にも、ニュース記事をレポート資料として使用するという手もありますが、

ニュース記事は速報性を重視した情報である為

時々裏づけや証拠が十分ではない場合があるので

資料として使う時は十分注意して使ってください

ネットではよくウィキペディアや他者のブログから

情報を引用してしてくる方がいます。

特にウィキペディアは、誰でも記事を書くことができる事、

研究者の査読が入っていないことが多いです。

ウィキペディアとブログの両者とも

必ずしも確かな情報とは限らないので、

レポート資料として使うのはひかえましょう


以上 情報の探し方を紹介しました。

今はネットで様々な情報を検索することができますが

時々デマやフェイクニュースが紛れ込んでいることがあります

ですから、きちんと根拠や引用データが明記されている

信用度の高い資料を見極めて活用するようにしてくださいね。

【引用・参考文献】

music.jp

au PAY マーケット×スマパスプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。