磯天狗

愛知県・三重県・和歌山県海岸・沿岸部で出没すると伝わる妖怪です。

(愛知県佐久島、三重県北牟婁郡、和歌山県須賀利に伝承があるそうです)

人を化かしたり、魚を盗んでいったりなどの悪戯をします。

伝承では、暗い夜に磯部で火の玉を飛ばしたりしているという話もあります。
磯天狗は位の低い天狗とされていますが、

民俗学者 日野巌 さんの記した『日本妖怪変化語彙』という本では、

磯天狗は河童の一種されています。

もしうっかり磯天狗に遭遇したら、

草鞋(わらじ)を頭に乗せて念仏を唱えるといいそうです。

しかし、わらじがそうそうない現代だと

どうしたらいいのでしょうね(;’∀’)

※『日本妖怪変化語彙』日野巌(民俗学者)著

 日野巌さんは他にも「動物妖怪譚」や「植物怪異伝説新考」など

 妖怪に関する本をいくつかまとめている方です。

< 日野巌さんの著作物>

<磯天狗参考文献>

今すぐお得に美味しい有機野菜や無添加食品を味見♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です