古椿の霊(化けツバキ)

岐阜県不破郡青墓村(現大垣市)には

化けツバキの伝承があります

今回はこの伝承を紹介します。


昔、 岐阜県大垣市の青墓村には円墳があったそうです。

ある時、一部の人々が古墳を掘り返し、

墓から古い鏡や骨のかけらを取り出してしまいました。

そのうち、円墳を掘り返した人々が

祟り(たたり)を 受けて次々と死んでしまったので、

円墳付近に住んでいた人々が塚(円墳)を元通りに直し

その上に、ツバキを植えたそうです。

それ以降、夜 円墳のそばを通ると

円墳に植えたツバキが美女に化けて 光っているという話が

人々に広まっていきました。

もしかしたら 円墳に植えられたツバキの木が

これ以上盗掘されないように

墓の主を守っているのかもしれませんね。


【参考・引用文献】

・「鳥山石燕 画図百鬼夜行」 高田衛監修

・「日本伝説名彙」柳田国男監修 日本放送協会編

あなたの見たいニュースも逃しません【スマートニュース】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。