基本的なバストアップの書き方 デッサン入門

今回は基本的なバストアップ(人物の胸から上)の描き方について

解説していきます。

【目次】

棒人間を描く

大まかな肉付け(アタリ)を描く

アタリを参考に線画を描く


棒人間を描く

まず、棒人間の状態から描き始めます

いきなり描こうとするとイメージがまとまりにくく

バランスがくずれやすくなってしまいます。

その為、ますば一番シンプルな棒人間から始めましょう。

上の図のように、関節部分は〇、胸のろっ骨部分は□に

置き換えるとイメージしやすいと思います。

間接部分とろっ骨を図形に置き換え終えたら、

バランスを修正していきます。

まず、頭のサイズを基準として

アゴ下からろっ骨の半分(後の乳首の位置になります)のまでの長さを

頭と同じ長さに直します

次に、肩からひじ、ひじから手首までの長さ

頭の長さと同じになるように直していきます。


大まかな肉付け(アタリ)を描く

先ほど描いた棒人間に大まかな肉づけをしていきます。

間接と関節の間を円筒でつないでいきます

首元は上の図のように

左右の肩の関節の間をつなぐように

ひし形を描きこんでおく

鎖骨(さこつ)のアタリや肩あたりの筋肉の付き方

イメージしやすくなると思います。

上の図には腰(骨盤のアタリ)まで書きましたが

腰はだいたいろっ骨と同じ横幅で描いておけば

問題ないと思います。


アタリを参考に線画を描く

次に先ほど描きこんだアタリを参考に線画を描いていきます。


【オススメ参考書】

music.jp
https://www.palmie.jp/subscriptions/lp?aff_id=dpG62Uq5Oz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。