女性の全身の描き方

今回は女性の全身絵の描き方について

解説します。

基礎的な考え方は

下の記事を参考にしてください。

【目次】

棒人間を描く

体のメイン部分を簡単な形に置き換える

体の各部分のサイズを整えていく

大まかな肉付け(アタリ)を描く

アタリを参考に線画を描く

可愛いデフォルメ女性を描くためのポイント

music.jp

棒人間を描く

全身図を描くために

まず棒人間でイメージ図を描きます。


体のメイン部分を簡単な形に置き換える

次に、体の主な部分と関節を

簡単な形・図形に置き換えていきます

上の図のように、関節は〇(円形)、

ろっ骨やコシ(骨盤)は□(四角・立方形)で描きこみます。

この時も、バランスなどは気にせず

気軽に描いてください。


体の各部分のサイズを整えていく

体の各部分のバランスを整えていきます

頭のサイズを基準として、

胴体は頭4つ分の長さ(頭+胴体)、

足も同じく頭4つ分の大きさになるようにすると

不自然さが無くなります。

次に、棒人間を女性らしい骨格に修正していきます

女性は男性よりもろっ骨部分(胸部)が小さく

肩幅もおおよそ顔の幅2倍くらいの大きさになっています。

女性の体は全体的に丸みを帯びているので

線画を描くときは、

曲線を意識して線を引いていきましょう


大まかな肉付け(アタリ)を描く

バランスを整えた棒人間に

大まかな肉付けをしていきます。

関節と関節の間、肋骨とコシを

筒でつなげていきます。


アタリを参考に線画を描く

先ほど描きこんだアタリを参考に

線画を描いていきます。

以上で、八等身の人物の全身絵の完成です。


可愛いデフォルメ女性を描くためのポイント

モデルさんは八等身の方が多いですが、

一般女性はおおよそ6.5~7等身ぐらいの等身なのだそうです。

かわいい女性デフォルメキャラを描くとき

6.5等身になるようにバランス調整してみましょう


【引用・オススメ参考書】

https://www.palmie.jp/subscriptions/lp?aff_id=dpG62Uq5Oz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です