腰から上の女性の書き方 

今回は女性の腰から上(ウエストショット)の

描き方について解説していきます。

基礎的な考え方はしたの記事を参考にしてください。

【目次】

棒人間から描く

大まかな肉付けをする

アタリを参考に線画を描く

可愛いデフォルメ女性を描くための補足


棒人間から描く

まず、棒人間の状態から描き始めます。

上の図のように関節部分は〇

ろっ骨・骨盤(こつばん)は□に置き換えておく

イメージがしやすいと思います。

骨盤(こつばん)の大きさは、

幅はろっ骨と同じくらい、

高さはろっ骨の半分の大きさにしておきましょう。


大まかな肉付けをする

棒人間におおまかな肉付けをしていきます。

女性は男性に比べて肋骨部分が小さく、

おなかからおしりにかけては

大きくなっていく体格になります。

肩幅も狭くなるので、

肩の関節は鎖骨のはしより少し内側に描き、

腰幅(骨盤あたりのふくらみ)を肩幅くらいに

調節するとより女性らしい骨格になります。


アタリを参考に線画を描く

先ほど肉付けしたアタリ(下書き)を参考に

線画を描いていきます。

女性を書くときは曲線を意識して描くとより

女性らしくなります。


可愛いデフォルメ女性を描くための補足

今回はモデルさん体系(八頭身)の女性を書きましたが

一般女性はおおよそ6~7等身ぐらいなのだそうです。

6~7等身のデフォルメキャラを描くとき

ろっ骨の幅=頭の幅を目安にして

すこしあたまを大きめにすると

よりかわいい印象になると思います。


【引用・オススメ参考文献】

CLASS101

https://www.palmie.jp/subscriptions/lp?aff_id=dpG62Uq5Oz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。