イラストを塗る時、配色や色のイメージが浮かばない時はどうしたらいいの?

イラストサイトやPixiv等でイラストを見ていると

プロのイラストレータさんの目を引く配色使いに凄いなーと感嘆してしまします。

ですが、いざ自分が色を塗ろうとしたとき

色がうまくイメージできなかったり、色のバランスがうまくいかず

「なんか、地味だな」とか「ちょっと目が痛い色合いになっちゃった」という事は

ないでしょうか

私自身も、元々アナログ絵描きで、色を塗るという発想がなく、

絵を描いている時、鉛筆一本のモノクロ画を前提として描いていたので

キャラクターの髪などの配色という考えがありませんでした。

ですので いざ、デジタルでイラストを描こうとしたとき、キャラの配色のイメージがわかず、

とても苦労したものです。

では、どうやったらうまく配色することができるのでしょうか?

まず、色とはどういうものか考えてみましょう。

〇色は目から入る直感に訴えかける情報

は、直感的にイメージを伝える情報の一つです。

実は 色は脳の視野を司る所に刺激

ホルモンの分泌を促す作用があり

それによって 見た人の心やイメージに影響が及ぶそうです。

一つ例を挙げてみましょう。

さて上の図を見て どう感じましたか?

①と比べて②の言葉の「熱い」や「寒い」という文字に温度感

「重い」「軽い」に関しても重量感

感じられなかったと思います。

日常生活でもこの色の持つ情報は活用されています。

信号機の赤色(緊張状態にする赤色)青色(安心をイメージさせる青色)

危険な物立ち入り禁止区域には

蜂を連想せせるような黄色と黒が使われていたりするなど

色によって、より危険を感じさせるように表示に工夫がなされています。

このように、色そのものが持つ情報を上手く理解して使う事で

より相手に自分のイメージを伝えることができます。

〇配色集を使おう

色の情報については色彩生理学や視覚心理学、

カラーイメージチャート等様々な知識が必要です。

さらに、カラー調整やメイン色の配置の割合etc……

見ているだけで頭がこんがらがってきますね。

正直 色の知識を全部理解するのはめんどくさいです。

もっと、イメージを感覚的に表現したいですよね。

そこで、おススメしたいのが配色集です。

配色集はイメージによって

どういう色を、どれくらいの割合で使えばイメージの雰囲気を伝えれるのか

イメージ色の一覧や配色例などを見て参考にすることができます。

また、本によって、一つの国の文化に特化した配色集も売っているので、

イラストで世界観を伝えたい時、活用できると思います。

より、イメージを深く伝えたい時に活用したいですね。

色の情報や伝え方についてオススメの本

おススメの配色集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です