横顔の描き方 作図的に描いてみよう

様々な顔の描き方の本や記事がありますが、

線の角度やイメージの描き方については

個人の感覚を頼りにしていることが多いのではないのでしょうか。

今回は、定規やコンパスなどを使って描く

作図のような横顔の描き方をまとめてみました。


①四角を描きます

大まかなイメージで正方形を描きます。

目安なので、だいたい正方形という感じで大丈夫です。


②顔の輪郭やパーツ用の目安線を描きこんでいきます

イメージで描いた正方形を縦に三分割します。

次に、正方形を4分割する十字線を描きこみます


③口を描く目安線を描きます

三分割した線一番下のラインをさらに2等分

目印を描きこみます。

(のちの口を描く目安線になります)


④横顔の簡単な骨格を完成させます

①・②・③で描いた補足線を参考に、

人の頭部(頭蓋骨)を簡単にした図形ができました

正面顔の骨格と比較すると、

正面骨格の丸が後頭部の頭蓋骨の大きさになっているの

がわかると思います。

<正面顔作図の記事>

今回は左の横顔の形を参考に横顔を描いていきます。


⑤目元と鼻を描きこみます

①・②・③で描きこんだ補助線を参考に

目のくぼみと鼻を描きこみます

三分割した1番上の線は、まゆげを描く目安線になります。

目元は骨格的にくぼんでいるので横顔を描くときは

意識して描くときれいな横顔になります。


⑥口とアゴラインを描きこみます

補助線を参考に口を描きます

おでこは正方形のままだと不格好なので

後頭部を表す円から線を延長し眉毛の目印線まで曲線を引きます

あごと耳を描く補助線は、

画像右フキダシのついている線の真ん中(1/2に分けた所)に目印を描き

その目印からアゴまで線を引いていきます



⑦顔の各パーツを描きこむ

顔の各パーツを描きこんでいきます。

目は横顔になると正面の目と形が

変わって見えるので注意しましょう

これで横顔の完成です。

この横顔の描き方を参考に

キャラクターの性別や書き手さんの好みに合わせて

どんどんアレンジしてみてください。

【アレンジ例:りりしい男性風】

アゴを少し前に出してガタイの良さを追加

耳下のアゴののラインもちょっと角っぽさを出してみました。

【 アレンジ例:女性風 】

目を男性より少し大きくします。

鼻の高い所やあごのラインを女性らしく丸い曲線で描きます。


参考になれば幸いです。

良いお絵描きライフをお過ごしください

【オススメ参考書】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です